悪天候 引越し

悪天候と引越し

引越し 台風

 

引越し当日がいい天気という保証はありません。
雨ならともかく、台風などの悪天候になってしまったとき、予約済みの引越しはどうなるのでしょう?

 

近年、日本では台風・豪雨・大雪などの自然災害が大型化の傾向があり、トラックの横転や立ち往生などを目にします。
スタッフを危険に晒す行為は会社の責任が問われますので、引越し業者も対応に慎重です。

 

もともと梅雨があって雨が多い国ですから、雨での引越しには慣れています。
家財は雨除けのカバーをかけたり、家の中には防水のシートを敷いたり、靴下の替えを多めに持っていくなどできる限りの雨の対策をするそうです。

 

しかし大型の台風や記録的な大雪の時は、依頼者やスタッフの命にかかわる大問題ですから中止や延期を決断することも十分ありえます。
引越しの1週間前くらいになったら、週間天気予報で災害情報を確認しましょう。

 

週間天気予報で引越し当日に台風などが当たりそうなら、すぐに引越し業者に連絡して対応を協議してください。
作業時間の変更、延期、中止、様子を見て決行するなど、いずれにしてもどちらか一方の意見では決められません。

 

それと、引越しの前日と当日のキャンセルにはキャンセル料がかかることがあります。
自分は大事を取ってキャンセルしたいけど引越し業者は決行できますと意見が割れることもありますので、時間に余裕を持って連絡を入れましょう。

トップページ > 世田谷区の引っ越しが格安でサービスの良い業者を探す方法